ペンダントを付けよう|胸元に輝くアクセサリー

首元をお洒落にしよう

場面に合ったデザインを

アクセサリー

ちょっとしたアクセントなどに使用するとおしゃれなアクセサリーであるペンダントは、デザインや素材も豊富なために年齢や性別、場面に関係なく使用できるアクセサリーであり、それぞれに合ったものを選ぶことで、ハイセンスなおしゃれをアピールすることが可能です。たとえばカジュアルな場面なら、無地のラフなシャツやワンピースなどに長めのペンダントを使用するだけで、いっきにこなれた感じになっておしゃれな雰囲気を醸し出すことができます。また柄物の服装の場合は服と被らないように短めのペンダントがお勧めで、そうすることでデコルテを綺麗に見せてくれますし、派手さやうるさい感じもせずにスマートに見えます。そしてフォーマルな場面なら、同じペンダントでも小さめのものよりは少し自己主張をするようなデザインのものが最適であり、パールやジュエリーを使用したものや、ゴールドなどでもエレガントにドレスを演出してくれます。そして男性の場合は、いかにも男性らしいごつくてワルドなデザインなどもありますが、女性からの支持が高い傾向にあるのはそういったものよりもシンプルなデザインのものであるため、普段使いとデートの時などでデザインを使い分けるようにすると良いでしょう。ちなみにペンダントはペンダントトップを変更することで、チェーンは同じでも複数のデザインを使用することが可能です。それゆえにその時の服装や気分に合わせ、ペンダントトップを変更して楽しむこともできます。

モチーフを選んで開運

ウーマン

ペンダントを身につける胸の部分は、運気を吸収する重要な部分です。こういった所に縁起の良いモチーフを持ってくれば、ラッキーな出来事が予想されます。首の周りは他人の目にも止まりやすい部分だけに、オシャレな人という印象を与えながら、密かに開運が出来てしまいます。市販されているペンダントには、国内外のラッキーモチーフが多く取り入れられます。海外の高級ブランドが発売するペンダントにも、幸運を連想させるモチーフは非常に多く見られるデザインです。十字架やハートといったオーソドックスなデザインから、鍵、馬蹄などがペンダントのモチーフには使われます。十字架には魔除けや守護、ハートには愛情運アップなどの意味合いがあり、ラッキーモチーフのペンダントは、オシャレに開運をしたい方にピッタリです。最近流行している鳥かごのモチーフなどは、かごの中に幸運を閉じ込めるといった意味合いがあり、海外のアクセサリーショップでも大人気です。デザイン性重視になりがちなペンダント選びも、少し視点を変えるとそれまでとは違った選び方が出来ます。欲しい運気やなりたい自分を思い浮かべながら選んでみると、意外に新しい着こなしが完成することがあります。少し個性的なデザインにトライをして、冒険をするにもペンダントは最適なアクセサリーです。小さなモチーフづかいのペンダントは、着こなしの邪魔をすることなく、程よいニュアンスを首元に加えてくれます。

定番を知っておくことで

アクセサリー

女性に何かプレゼントをしたいと思った時、ペンダントは実際に贈られた女性も喜んでくれる定番でもあるために、よくプレゼントとして選ばれる傾向にあります。もっともペンダントといっても種類やデザインが豊富であり、価格にも高低差があります。それゆえに何もしらない状態で一人で選ぶのはなかなかハードルが高く感じるため、ある程度はあらかじめペンダントに関する情報を仕入れておいた方が良いでしょう。そんなプレゼントに最適なペンダントの特徴として、まずはカラーについてはシルバーとゴールド、ピンクゴールドの三種類が基本となっています。その中でも日本人の肌の色に合うカラーとして最近はピンクゴールドの人気が高まっており、シルバーはクールなイメージが強く、ゴールドは好き嫌いが分かれるカラーと言われています。それゆえに最初のプレゼントとしては、ピンクゴールドが無難で選びやすい傾向にあります。そしてデザインについてはさまざまなフォルムがありますが、定番となっているのはハートやリング、ワンポイントといったところですが、とにかく種類が豊富なために、直観で可愛らしいタイプのものを選んでも間違いはありません。ちなみにワンポイントで誕生石を使用したペンダントは、プレゼントとして高い人気を誇っています。最後に価格についてですが、やはりプレゼントの場合は安いものよりはそれなりの価格のものがお勧めであり、そんなに予算がない場合は、せめて有料の箱でプレゼントするなどの工夫を施しましょう。またプレゼントを選ぶのが恥ずかしいと思うこともあるかもしれませんが、ジュエリーショップではそういった客層にも慣れているので気にしなくても大丈夫ですし、スタッフや店員に相談してプレゼントを選ぶといった方法もあります。